小金井市の賑わいづくりの交流拠点小金井市観光まちおこし協会

1 体験農園等普及事業のご紹介

 都市の中にある「農園」には、都市農地の保全だけではなく、様々な人が農を通じて関わり合い新たな交流がうまれることで、地域の活性化など多くの効果を生み出す可能性があります。 私たち(一社)小金井市観光まちおこし協会は、こうした農園のモデルとして東京都が整備した「わくわく都民農園小金井」の運営を行っています。

 今後同様の取組を都内各地にさらに波及させるため、令和6年度から、農園の整備・運営に興味のある自治体・事業者からの相談窓口を開設するとともに、個別課題に応じたアドバイザー派遣も行っています。地域を盛り上げるために「農園」づくりにチャレンジしませんか。ご興味のある方は、お気軽に下記よりお問い合わせください。

事業紹介スライド

2.補助金制度

生産緑地の貸借制度を活用して体験農園等を開設し、都市農地保全と「農」を通じた交流の活性化を進める農業者や法人等の取組を支援しする東京都補助金です。

(1) 補助対象者

生産緑地の貸借制度により借り入れた都内農地を活用し、都市農地保全と「農」を通じた多世代交流・地域交流の活性化を併せて進める体験農園等の整備・運営を行おうとする個人事業主並びに法人及び地方自治体

(2) 補助対象
  • 整備に関する費用 工事費、農業機械 等
  • 運営に関する費用 農園管理に係る人件費、生産緑地賃借料 等
(3) 補助率及び上限額
  • 整備に関する費用 補助率:1/2以内 補助上限額:1,000万円
  • 運営に関する費用 補助率:1年目…2/3以内、2年目…1/2以内、3年目…1/3以内 補助上限額:1年目…1,000万円、2年目…750万円、3年目…500万円
(4) 受付窓口

 東京都産業労働局農林水産部農業振興課

東京都「都市農地活用推進モデル事業」HP

3.「わくわく都民農園小金井」とは 

「わくわく都民農園小金井」は、東京都が都市農地の保全と超高齢化社会に向けた高齢者の活躍と地域の多世代交流を進めることができる地域モデルの確立を目指して整備し、一般社団法人小金井市観光まちおこし協会が運営する農園です。2022年3月に開園し、東京都、小金井市、農地所有者、小金井市観光まちおこし協会の4者で協定を締結し、生産緑地の貸借制度を活用したモデル事業として事業展開しています。

4. 運営事業者の紹介 

一般社団法人 小金井市観光まちおこし協会は、小金井市の観光振興を図り、文化の向上と産業の発展に寄与することを目的として、平成28年(2016年)4月1日に設立されました。
 主な事業としては、小金井桜まつり(3月または4月)、小金井の四季の観光写真コンクール(7月)、こがねい産業祭り(11月)などを開催する「イベント事業」、市民レポーターによる四季折々の観光情報や市内イベント等の「情報受発信事業」、まちなか観光案内人による案内事業やまち歩きマップ等の作製、こきんちゃんグッズ等の販売を実施する「観光案内事業」を実施しています。また、市民、団体、企業のマッチングを図り、市内の賑わいづくりを推進する「まちおこし事業」も実施しています。

5. お問い合わせ・アクセス

農園の運営・サービスに関して、ご不明な点等ございました ら、いつでもお気軽にお問合せください。
【問合せ担当者】 千葉

TOP